とちぎ応援団10周年記念イベント パネルディスカッションを開催しました。

2013年11月24日に開催された「青年海外協力隊とちぎ応援団10周年記念式典」において、パネルディスカッションを開催しました。

 

第5回アフリカ開発会議(TICAD V)を迎えた2013年、テーマは「アフリカと日本 -草の根レベルのつながり-」です。セネガルからの留学生ファデルさん、マダガスカル出身の英語教師シチャカさんと、協力隊OBの大貫さん(モザンビーク/農業土木)、野口さん(セネガル/理数科教師)をパネラーに迎え、意見交換をしていただきました。

祖国として、あるいは任地として、それぞれのアフリカでの生活と経験から見えた日本の姿や、日本からみえるアフリカとの関わりについての議論を通し、両国の展望について知見を深める機会となりました。テクノロジーが物理的距離の短縮を促すといわれる昨今ですが、相応の人的交流、ソフト面での発展を願って已みません。当会はその一助となるよう、活動をすすめて参りたいと思います。

多くの方のご来場を賜り誠にありがとうございました。