スカルマ・ギュルメット氏講演

平成22年度通常総会に続き、スカルマ・ギュルメット氏(NPO法人 ジュレーラダックの会代表)より、講演を頂戴しました。

《講演内容の概要》

1.NPO法人ジュレーラダックのご紹介

ラダック(標高3500m)から学ぶホームステイなど4つの事業を展開。

ソーラークッカーの普及を支援し、持続可能な生活の構築をめざす。

詳細は団体ホームページへ ⇒ ジュレーラダック

2.開発と幸福

開発 : a.カイハツ(外的development) b.カイホツ(仏教用語ではあるが、宗教に限定しないスピリチュアリティとして)

カイホツを伴わないカイハツが進みすぎているのではないか。

参加型開発の手法を用い、持続可能な開発を検討する。

自ずと、環境への影響が視座に。

農的生活を一つのソリューションとして捉えることが出来る。

┗コミュニティがあるので、モノがなくとも幸せ。(コミュニティが無い=コミュニケーションがない)

┗一人ではできない。動物も含め、頼り頼られる関係。

必ず問題を探すのではなく、いいところを探すことからはじめる。(AI)

伝統からGoldenPeriodを探す必要性がある。している(た)ことは、できることだから。

sustainabilityを重視する。

コメントを残す