平成21年度 国際理解教育実践セミナー『100人村ワークショップ』を少人数でどうやるの?

ベストセラー『世界がもし100人の村だったら』をご存じですか?

世界には多様な言語や文化を持つ人々が住んでおり、
そ こには貧富の格差など様々な問題があることを、
世界の人口を「100人の村」にみたてて、分かりやすく描いている本です。

その ワークショップ版『世界がもし100人の村だったら』(発行:開発教育協会)の教材は、
疑似体験という参加型の方法で世界の現状を学ぶことができ ますが、
「100人村」だから100人じゃないとできない・・・、と思ってはいませんか?

日時:
3月13日(土曜)13時30分から16時30分
会場:
とちぎ国際交流センター 多目的ホール 2階
宇都宮市本町9-14 【地図】
主催:
JICA地球ひろば、財団法人 栃木県国際交流協会

このセミナーでは、30人や40人の少 人数で
『100人村ワークショップ』を行う方法や展開方法を、
「世界の人口分布」「文字が読めないということ」「世界の富は誰がもってい るの?」
などのワークショップを通して学びます。

どうぞ奮ってご参加ください!

講師:
桜井高志氏(桜井・法貴グローバル教育研究所)
グローバル教育、開発教育教育社会学、多文化教育、異文化コミュニケーション等の
幅広い専門分野を持ち、ワークショップ・ファシリテーター、生涯学習プランナー、
参加型学習コンサルタントとして全国で活動 中。

対象:
大学生から一般

定員:
30名(先着順)

参加費:
500円(TIA個人賛助会員の方は無料)

参加方法:
下記問い合わせ先まで電話にてお申込ください

問合せ先:
財団法人 栃木県国際交流協会(TIA)
電話番号:028-621-0777
ファックス:028-621-0951

コメントを残す